HOME>レビュー>志望動機の例文からわかったこととは?受験生に聞いてみました

志望動機の例文からわかったこととは?受験生に聞いてみました

文房具

「志望動機になにを書けばいいのか分からない」と悩んでいる方は、志望動機を実際に書いていた人のアドバイスを読んでみましょう。志望動機を書くときのヒントになること間違いなしです。

レビュー

はっきりと具体的に志望した理由を書いた方がいい【10代|女性|学生】

希望する大学に何としても合格がしたかったので、志望動機の例文をたくさん見て、自分なりにわかった事があります。それはなぜ志望したのかを具体的にはっきりと理由を書いた方がいいという事でした。志望する理由があったとしても、その理由を遠回しに伝えようとしても、しっかりと伝わる事はありませんので、具体的に書く方がしっかりと伝わるからです。読み手の気持ちを考えた場合、最後まで結局何が言いたかったのかわからないという事ではいけませんので、具体的にはっきりと書く事にしました。その為にも、自分の中ではっきりとした志望理由がなければならないという事もわかり、どうして志望したのかを自分の中で改めてしっかりと考えてみました。

志望校に決めたきっかけを書いていきました【10代|男性|学生】

大学入試で志望理由を書く時には、自分の気持ちが伝わるようにその学校に決めたきっかけを書いていきました。日常生活の中で感じた小さな事がきっかけでしたが、自分の中でそのきっかけからどう気持ちが大きくなったのかも段階を経て書く事で気持ちが伝わったと感じています。志望するからには、誰もが何かのきっかけや影響を受けて志望するわけですので、何もないという事はないはずです。きっかけがあったからこそ目指そうという気持ちが芽生えてきたはずですので、志望動機の例文を見て書く必要があるとわかりました。志望のきっかけがどんな事だったとしても、それが自分の人生にとって大きく影響を与える事になりますので、どんな些細な事でも胸を張って書ける事だと考えています。